記事下入塾バナー01

吉田俊之 株式会社ビヨンドの評判は?パリス昼豚の5万円FXの評価は?

WS000403

 

【商材名】   パリス昼豚の5万円FX

【販売者】   吉田俊之 株式会社ビヨンド

【販売価格】  39,800円

 

特定商取引法に関する表記等重要事項

販売業者 株式会社ビヨンド
運営統括責任者 吉田俊之
所在地 東京都渋谷区神宮前4 丁目1 番24 号 オフィスイワタ第一2F
電話番号 03-6275-0065
fax 03-6850-6916
メールアドレス info@t-commu.net

販売URL http://t-commu.net/pages/5FX/index.html

 

パリス昼豚の5万円FXと試合

 

「はじめ」

 

昼豚?ひるぶたってなんだ?ふざけてんのか?

って思ったら、情報提供者の名前であって、

「ひるとん」って読むらしいんですよね。

あのヒルトンホテルとでもなんか関係があるん

ですかね?まさか、娘ってことはないですよね。

 

吉田俊之氏、株式会社ビヨンド

パリス昼豚の5万円FXは、商材名にFXと

あります通り、FX投資に関するノウハウです。

 

吉田俊之氏、株式会社ビヨンド

パリス昼豚の5万円FXは、普通のFX

商材とは、ちょっとカラーが違うようですね。

兎角、FX投資に関するノウハウというと、

誰でも簡単に楽して儲かるよって感じで、

煽ってくるものが多いのですが、少額から

始めて、ユーロドルに絞って、短時間と限定して

取り引きを行うというように、ルールを決めて、

FX投資を行っていくノウハウになっています。

 

通常のFX投資に関する商材といえば、

大きな利益を狙うという言わば攻めの

表現が目立つのですが、それに対して、

吉田俊之氏、株式会社ビヨンド

パリス昼豚の5万円FXでは、守りの

投資手法で取り引きを行うと言えば

わかりやすいのでしょうか。少額から

はじめて、時間を切っての取り引きを

行うことで、リスキーな大きな利益を

狙うのではなくて、小さくコツコツ利益を

積み上げていきましょうって感じです。

 

なるほどね。最長3時間で、15pipsを1日2回

だけというルール設定で取り引きを行っていけば、

手痛い大損をするようなことはないでしょうね。

円ドルよりユーロドルでの取り引きすることで、

テクニカルも効きやすいというノウハウです。

だから、かえってマインドができあがっていない

初心者には取り組みやすいかもしれませんね。

 

ですから、吉田俊之氏、株式会社ビヨンド

パリス昼豚の5万円FXは、FX投資をもう既に

やっている人や大きく稼ぎたいと思ってる人には、

物足りなさを感じると思いますが、FXに興味が

あって、これから始めようとしている初心者とって、

経験を積んでいく過程には、有効だと思いますよ。

 

「それまで」

 

判定!!黒旗一本白旗二本!初心者向けにはいいでしょう!?

吉田俊之氏、株式会社ビヨンド

パリス昼豚の5万円FXは、負けた時の

ことについても細かく書かれています。

リスクをしっかり理解させるように

書かれているので、良心的な商材です。

 

パリス昼豚なんて、ネーミングセンスは

ちょっといただけませんが、FX投資の

初心者向けノウハウとしては良いと思います。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人

管理人

当ブログに目を止めて頂き、
ありがとうございました。

管理人の天立真人です。

ネットビジネス情報業界の健全化、詐欺師どもの魔の手から情報弱者を救いたいと願いを込めて、このサイトを立ち上げました。
アフィリエイト業界最強にして屈指のレヴューサイトです。

あなたのお探しの商材を厳に公正にレビュー致します。
ご興味がある情報商材に関しての、不明な点・不安な点がありましたら、どんな些細なことでも結構です。気軽にご質問ください。

ポチッとな!して下さい。 とても励みになります♪

お問い合わせフォーム

管理人へご連絡はこちらから


商材販売者殿 記事削除依頼の際に脅迫まがいのメールを送るのは辞めて下さい。要請して頂ければきちんと応じます。 その際は記事の矛盾点を当方が納得いくような証明を願います。 納得できない場合、広く意見を求める場合もございますので、ご承知置き下さい。 宜しくお願い致します。

必ずお読みください。

ネットビジネスアジャストでは、正確な情報をお伝えするために万全を心がけ努力してまいりますが、当ブログの妥当性・信憑性・得利性につきましては保証するものではありません。また、当ブログ情報を元に行動した結果についても一切責任は負かねますでご了承下さい。

このページの先頭へ