記事下入塾バナー01

田中晃は詐欺?2タッチブレイクで被害?

kiji134

 

【商材名】    2タッチブレイク

【販売者】    田中晃

【販売価格】   無料オファー

 

特定商取引法に関する表記等重要事項

販売者 株式会社 Up Creation
所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目1-8 道伝ビルB2-2
電話番号 03-6447-4542
メールアドレス info@mbf-t.com

販売URL http://mbf-t.net/lp/1a/

 

2タッチブレイクと試合

 

「はじめ」

 

PC等の情報端末を2回タッチすると

即金が手に入るということだけという

なんとも怪しい無料オファーが届きました。

田中晃氏の2タッチブレイクです。

 

ルールが簡単なので誰でも稼げるというし、

万が一に備えた保証まで付けてくれるという。

ですが、何をどうすんのか?どういった仕組み?

ってのが、まったく掴めない無料オファーです。

 

とにかくあなたの常識を覆す即金性が高い

稼ぎ方であると即金性を強調していますね。

誰でも簡単に即金が手に入る系で、手の内を

明かさないのは、投資系によくある話です。

 

投資というと、すぐにリスクを思い浮かべて

しまうので、甘い言葉で登録させておいて、

動画を見せることで、少しずつその気に

させていこうとのパターンかな?って言う

ことは、バイナリーオプションあたりかな?

と思いながらも、実際何をして稼ぐのか

気になるので、メールアドレスを登録して

送られてきた動画は、案の定、1,000円の

資金から30万円にって感じで、簡単で、

誰でも、ものすごく稼げると繰り返すだけ。

 

で、結局何をして稼ぐと思えば海外不動産投資。

あれ?バイナリーオプションじゃなかった(汗)

でも、投資系ってのはあってたから許してね。

 

でもさ、海外不動産投資ってのはいいですけど、

田中晃氏の2タッチブレイクは、ベトナムでですよ。

ベトナムは社会主義国家ですよ。ビジネスになる

のかな?だって、社会主義国家ってその国の

政府が権力を握っています。だから、美味しい

ところは全てベトナム政府が抑えてるでしょ?

 

確かに、今一番勢いがあるのが東南アジアで、

ベトナムもGDPなんかも1998~2007年の10年間で

10倍以上になってるから、投資するならなかなか

面白いところだとは思うけど、ベトナム側の事情が

あるというか、不動産投資がうまくいって値上がり

して仮に儲けても、ベトナム国外へ送金するのは

非常に難しいのです。ベトナムで還流させようとの

ベトナム政府の思惑があって、不動産の売買は、

ベトナム通貨のベトナムドンで行なわれ、儲けを

ドルに換えるまではできますが、ベトナム政府は

国外に送金する自由を禁じているのです。

 

ですから、せっかく儲けてもベトナムで使ってね。

ってことになっちゃいますので、田中晃氏の

2タッチブレイクには、やる価値がないでしょ。

 

「それまで」

 

判定!!黒旗三本!素人が手を出す分野じゃありません!?

あの国は発展しそうだから、不動産投資で

儲かりそうなんて、海外不動産投資を甘く

考えたら、痛い目に逢いますよ。だって、

日本のように法整備が進んでないし、悪徳な

業者も多いし、その他のリスクも高いのです。

 

田中晃氏の2タッチブレイクは、簡単で、

儲かりそうってだからといって、素人が手を

出すのはやめたほうがいいと思いますよ。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人

管理人

当ブログに目を止めて頂き、
ありがとうございました。

管理人の天立真人です。

ネットビジネス情報業界の健全化、詐欺師どもの魔の手から情報弱者を救いたいと願いを込めて、このサイトを立ち上げました。
アフィリエイト業界最強にして屈指のレヴューサイトです。

あなたのお探しの商材を厳に公正にレビュー致します。
ご興味がある情報商材に関しての、不明な点・不安な点がありましたら、どんな些細なことでも結構です。気軽にご質問ください。

ポチッとな!して下さい。 とても励みになります♪

お問い合わせフォーム

管理人へご連絡はこちらから


商材販売者殿 記事削除依頼の際に脅迫まがいのメールを送るのは辞めて下さい。要請して頂ければきちんと応じます。 その際は記事の矛盾点を当方が納得いくような証明を願います。 納得できない場合、広く意見を求める場合もございますので、ご承知置き下さい。 宜しくお願い致します。

必ずお読みください。

ネットビジネスアジャストでは、正確な情報をお伝えするために万全を心がけ努力してまいりますが、当ブログの妥当性・信憑性・得利性につきましては保証するものではありません。また、当ブログ情報を元に行動した結果についても一切責任は負かねますでご了承下さい。

このページの先頭へ