記事下入塾バナー01

アフターライフで被害?松本徹は詐欺?口コミや評判は?暴露に相談、客観的に分析した事実! 

WS000000

 

 

商材名    アフターライフ

販売者    松本徹

販売価格   347,000円

 

特定商取引法に基づく表示

 

販売業者 合同会社kizuna
住所 106-0032 東京都港区六本木4-3-11 六本木ユニハウス223号室
電話番号 090-9346-6278
販売価格 347,000円(銀行振込一括は267,000円)
メールアドレス info@lens-ex.jp

販売ページ http://af-life.net/tega

 

アフターライフと試合「はじめ」

ちょっと前ですが、きまぐれビジネス、スマホビジネス、

一日180秒未満で世界一非常識に口座残高を膨張させる手法

などという無料オファーがありましたよね。

 

松本徹氏のアフターライフ

それらのバックエンドとして

用意された高額塾だと思います。

 

そして、松本徹氏のアフターライフ

内容は、株式投資で儲けましょうって

感じでしょうか。それも信用取引と

言うからハイリスクなものと思うのですが、

大丈夫なのでしょうか。信用取引は、

資金の3倍が購入できる分、負ければ、

損失も大きくなりますし、損切がうまく

できなければ一発でぶっ飛ぶ商品ですよね。

 

でも、松本徹氏のアフターライフでは、

株式投資で儲けるには知識は要らない

なんて言っているんですよ。

それでも91%もの勝率を叩き出す手法

って言うんだけど信じられますか?

僕的にはまったく信用がおけないんですけど?

 

松本徹氏のアフターライフのトップには、

株の勉強を今すぐやめて株で稼ぐ方法を氏ってください。

ってあるけど、何事も基本が大事だと思うのだけど?

と思いながら販売ページをチェックしてたら、

45日間かけて3ステップで株式投資を

マスターするって?あれ?勉強やめろ

って言ってたじゃん?矛盾ですよね?

 

それからそれから、はっきり言って不可能だ

って思えることも書いてありますよね。

松本徹氏のアフターライフでは、

松本徹氏が無期限、無制限で

電話サポートをしますってことですが、

この高額塾に何人の塾生が参加するか

なんてわかりませんが、9時~24時

土日、祝日も松本徹氏一人で電話サポート

対応なんてできないでしょ?絶対無理です。

 

一番重要なことだけど、松本徹氏の

アフターライフのノウハウですが、

このノウハウを使ってこれまでに

松本徹氏どれだけ稼いできたかって

実績がまったく明らかにされてませんよね。

 

原因不明の特定疾患を発症したとか、

3000万円を持ち逃げされたとか

不幸な過去には同情しますが、

まず、実績を教えて欲しいと思います。

どういった理論の基で稼げるのかがまったく不明。

 

「判定!!」黒旗二本白旗一本!リスクは大だと思います!?

株式の信用取引ですもんね。

リスクは大きいと思います。

 

松本徹氏のアフターライフでは、

結局は、アフターライフに参加した

時の特典を語っているだけですよ。

 

高い塾費用を支払って、

その上投資費用まで用意して、

松本徹氏が稼いでいる証拠すらない

ノウハウにかける勇気は僕的にはありません。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人

管理人

当ブログに目を止めて頂き、
ありがとうございました。

管理人の天立真人です。

ネットビジネス情報業界の健全化、詐欺師どもの魔の手から情報弱者を救いたいと願いを込めて、このサイトを立ち上げました。
アフィリエイト業界最強にして屈指のレヴューサイトです。

あなたのお探しの商材を厳に公正にレビュー致します。
ご興味がある情報商材に関しての、不明な点・不安な点がありましたら、どんな些細なことでも結構です。気軽にご質問ください。

ポチッとな!して下さい。 とても励みになります♪

お問い合わせフォーム

管理人へご連絡はこちらから


商材販売者殿 記事削除依頼の際に脅迫まがいのメールを送るのは辞めて下さい。要請して頂ければきちんと応じます。 その際は記事の矛盾点を当方が納得いくような証明を願います。 納得できない場合、広く意見を求める場合もございますので、ご承知置き下さい。 宜しくお願い致します。

必ずお読みください。

ネットビジネスアジャストでは、正確な情報をお伝えするために万全を心がけ努力してまいりますが、当ブログの妥当性・信憑性・得利性につきましては保証するものではありません。また、当ブログ情報を元に行動した結果についても一切責任は負かねますでご了承下さい。

このページの先頭へ